Travel-Blog

高槻市営バスの路線図・時刻表・定期・運賃など

高槻市営バスの時刻表・路線図・料金などについて

目次 よく読まれる記事一覧
1,時刻表
2,路線図
3,定期代について
4,運賃・料金
5,高槻市営バスの基礎知識

スポンサードリンク



それでは順番に紹介していきます。
最初は高槻市営バスの時刻表について

高槻市営バスの時刻表

高槻市内を走る市民の足として親しまれている高槻市営バスの時刻表は、

市民向けのサービスの一環でそれぞれの地域の市役所支所または本庁が配布しています。

これは基本的には市報などと同じく広報関係のセクションで取り扱っています。

ほかにも高槻市役所の公式ウェブサイトのコンテンツからも閲覧することが可能です。




市営バス案内|高槻市ホームページ
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kurashi/bus_kotsu/bus/

交通部のホームページには時刻表とバス停の項目がありますので、

ここから該当のページを開いてバス停の名称を入力すれば、

そのバス停を経由するバスの通過時刻が一覧形式で表示されるしくみになっています。

鉄道の駅やよみがなから探すこともできます。

またこのシステムにはバス停がマッピングされた地図が付属していますので、地図を見て探すことも可能です。

こちらも便利なサイトです↓

高槻市営バス|路線バス時刻表| ジョルダン乗換案内
https://www.jorudan.co.jp/bus/rosen/company_%E9%AB%98%E6%A7%BB%E5%B8%82%E5%96%B6%E3%83%90%E3%82%B9.html



路線図について


高槻市営バスの路線図についても時刻表と同様に、市役所の支所などで配布されていますが、

もちろん公式ウェブサイトのほうからもダウンロードすることができるようなっています。

市営バス案内|高槻市ホームページ
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kurashi/bus_kotsu/bus/

ダウンロードができるのは印刷用に加工された図面ですが、

パソコンやスマートフォンから直接見たい場合には、時刻表やバス停検索の機能に付属している地図を利用するのが便利です。

この地図にはバス停がマッピングされているため、

出発地と経由地、目的地をそれぞれつないでいけば簡単な路線図としても使えます。


スクロールして広域的に閲覧することもできるスタイルのため、

模式的に描かれているダウンロード版のほうを閲覧するよりも、むしろわかりやすい場合があります。


定期代について


高槻市営バスには一般的な乗車券のほかにも、通勤や通学目的の定期券が存在しています。

購入の際には乗車する区間、必要とする期間、住所氏名や電話番号などの

個人が特定できる情報などを所定の申込書に記入の上提出する必要があります。


通学用の場合は申込書の学校証明欄に証明をもらうか、または通学証明書を添付します。

受付は営業所や駅前の案内所などがその窓口となります。

1か月用と3か月用があるため、料金はその区分に応じて異なりますが、

一般の運賃よりは割引が適用されており、金額は公式ウェブサイトにも記載があります。


なお市内の大学に通学する学生をターゲットとして、有効期間の日数としては変則的ですが、

2学期制または3学期制に合わせた定期券も存在しています。


バスの運賃について

高槻市営バスの運賃は、エリアによって制度的に異なるものが混在している点に注意しておく必要があります。

均一制がとられているエリアと、対キロ区間制がとられているエリアがあるためです。


均一制であればエリア内はどこで乗降しても同一の金額ですが、

対キロ区間制のほうは原則として長い距離を乗車すればそれだけ金額も割増になってきます。


主要な区間については市役所の公式ウェブサイトのなかでも具体的な金額が掲載されていますので、

参考にするのがよいといえます。

また企画乗車券として指定されたエリア内で何度でも乗降可能な乗車券が存在しており、

この場合は通常とは別体系の料金になっています。回数券なども割引があるので同様です。


高槻市営バスとは

高槻市営バスはその名前のとおり大阪府の高槻市役所が直接運行しているバス事業のことです。

上水道などと同じように公営企業としての形態をとっており、

市長部局とは別に地方公営企業法にもとづく管理者を置いて、その下にあるさまざまな組織が実働部隊となっています。

住民にとって身近な営業所は南部が芝生営業所の管轄、北部が緑が丘営業所の管轄です。

大阪府内では市民の足として地域限定のコミュニティバスを運行するケースもほかに見られますが、

実際には市役所から民間のバス会社に委託するなどの形態をとっています。

そのため高槻市営バスのように直営のものはめずらしく、府内では大阪府がある程度です。

全国的に見てもコストや専門性といった観点から、やはり直営は難しいのが実情です。

スポンサードリンク