Travel-Blog

山陽新幹線の時刻表や料金、往復割引・停車駅などについて

山陽新幹線の時刻表・料金・割引など


目次 よく読まれる記事一覧
1,山陽新幹線の時刻表「下り」
2,山陽新幹線の時刻表「上り」
3,往復割引の条件
4,運賃・料金について
5,停車駅の一覧について

それでは順番に紹介していきます。
最初は山陽新幹線の時刻表について

スポンサードリンク



山陽新幹線の時刻表「下り 東京発」

JR西日本が運営する山陽新幹線は、大阪府大阪市の新大阪駅と福岡県福岡市の博多駅を結んでいます。

東京駅発の時刻表ならコチラ↓

東海道・山陽新幹線の時刻表|JR東海
http://railway.jr-central.co.jp/jikoku/

よく言われる「東海道・山陽新幹線」という呼称は、

東京駅から博多駅までを乗り換えなしに、約2時間30分で結ぶ直通便が運行していることに由来しています。




時刻表はJR西日本の公式サイトや各種乗換案内サイトのほか、専門の月刊誌などで確認可能です。

東京駅発の出発時刻が最も早い下りの便は、

朝6時発の「のぞみ1号」で博多駅到着時刻が10時52分となっています。


所要時間の4時間52分は、のぞみの中でも最短です

最終便は18時50分発の「のぞみ59号」で、名古屋発が20時33分、新大阪発が21時26分、

広島着が22時49分、博多の到着時刻は23時54分となります。

スポンサードリンク



山陽新幹線 の時刻表「上り」小倉・岡山駅発


[JR]山陽新幹線の時刻表 – えきから時刻表
http://ekikara.jp/newdata/line/2701011.htm

上りは博多駅6時10分発の「のぞみ2号」が始発で、

東京駅到着時刻が11時13分ですから、所要時間は5時間3分です。

途中小倉駅発が6時27分、広島駅発が7時18分、岡山駅発が7時54分、新大阪駅発が8時40分ですから、

新大阪から東京までの所要時間は2時間33分となっています。


山陽新幹線の上りで最も早いのは、博多駅18時59分発の最終便「のぞみ64号」です。

途中岡山駅発が20時36分、新大阪駅発が21時23分、名古屋駅発が22時12分、東京駅着が23時45分ですから、

新大阪駅から東京駅までが2時間22分、総所要時間は4時間46分となります。

時刻表にある博多駅23時28分発の最終便「こだま862号」は、小倉駅が終着です。

山陽新幹線の往復割引の条件について

山陽新幹線は他のJR各社の割引条件と同様、

片道の営業キロ数が601km以上で往復の切符を購入した場合に限り往復割引が適用されます。


割引額は正規の料金の1割引で、

乗車料金から差し引かれるもので、指定席料金等は変わりません。


例えば東京駅から博多駅までのぞみを利用した場合、

通常は片道の乗車料金が13820円、指定席特急料金が9130円ですから総額は22950円です。

これに割引が適用されると、乗車料金は1割引で12430円、

指定席特急料金は変わりませんから片道合計21560円、

往復で43120円となります。


このほか博多駅と小倉駅の区間に限り、

土日祝日に利用できる往復割引きっぷ「新幹線よかよかきっぷ」が販売されています。

山陽新幹線の料金(東京-福岡)

山陽新幹線の料金は、出発地から目的地までの営業キロ数や、

乗車する新幹線の種類や席によって決まります。


例えば東京駅から福岡市博多駅までの片道を、のぞみの指定席で移動する場合、

乗車券が13820円、指定席特急料金が9130円で合計22950円となります。

自由席で移動する場合の東京ー福岡博多間は、

乗車券は変わりませんが自由席が7990と若干安いため合計21810円です。


指定券の価格は繁忙期と閑散期で異なり、繁忙期はプラス200円、閑散期はマイナス200円となります。

山陽新幹線の繁忙期は、年末年始の概ね2週間や3月の春分の日から4月5日頃までと、

ゴールデンウィーク期間中や夏期休暇の間が該当します。

閑散期は1月中旬以降2月いっぱいまでの平日や、6月と9月の平日です。

山陽新幹線の停車駅の一覧について

山陽新幹線の停車駅は、下り方向の順に羅列すると

福岡県内は福岡市の博多駅を始発とし、北九州市小倉駅に停車します。


続く山口県内は下関市の新下関駅と山陽小野田市の厚狭駅、

山口市の新山口駅に続き周南市の徳山駅、岩国市新岩国駅の計5駅です。


広島県内は広島市広島駅と東広島市の東広島駅、

三原市の三原駅と尾道市の新尾道駅、福山市の福山駅に停まります。


岡山県内は、倉敷市の新倉敷駅と岡山市岡山駅の2駅です。

兵庫県内は相生市の相生駅と姫路市の姫路駅、

明石市の西明石駅と神戸市の新神戸駅に停まり、

終点が大阪府大阪市の新大阪駅で総営業キロ数は552.6kmとなっています。

これらの停車駅一覧はJR西日本の公式サイトのほか、乗換案内サービス提供サイトでも確認できます。


スポンサードリンク