Travel-Blog

産交バスの路線図・時刻表や定期代などについて

産交バスの路線図・時刻表・定期代など


目次 よく読まれる記事一覧
1,路線図
2,時刻表
3,熊本市内の時刻表
4,高速バスについて
5,運賃・定期代

それでは順番に紹介していきます。
最初は産交バスの路線図について

スポンサードリンク



九州産交バスの路線図について

九州産交バスの路線図はウェブで公開されています。

産交バスサイト – 九州産交バス
https://www.kyusanko.co.jp/sankobus/

路線図は県北と県南エリアに分かれており、A3用紙サイズのPDFで提供が行われているのが特徴です。

PDF形式で拡大縮小は容易ですし、印刷しても細かい文字が見やすくなっています。

各エリアは更に地区ごとに分類され、九州産交バスが運行する特定の範囲だけが確認可能です。

勿論、熊本市内周辺といった形で、広範囲を全体的に見渡すこともできます



各方面は色分けが行われ、経由する経路を含めて路線名が付けられています。

路線に関する情報が詳細に掲載されるので、降車するバス停に向かう方向はどちらか、

乗車から何駅で到着するかなどが一目瞭然です。

普段から利用している人を始め、初めて利用する場合にも見やすいのが嬉しいポイントです。

九州産交バスの時刻表について

九州産交バスは路線情報と一緒に、詳細な時刻表の提供も行っています。

産交バス – 時刻と路線案内
https://www.kyusanko.co.jp/sankobus/ttsys/

ウェブの時刻表は、九州産交バスの公式サイトにアクセスして利用します。

乗車あるいは降車する日時を決めたら、乗り場と降り場を入力するだけです。

スポンサードリンク



乗り場と降り場は入れ替えることが可能で、バス停名はキーワード検索で決定します。

入力するのは一部でも構いませんし、正式名でフルに入力も行なえます。

検索履歴は最新の10件まで表示されるので、過去に検索した情報も簡単に分かります。

一方でバス停名が分からない場合は、住所や最寄りの施設名などから探せます。

拡大縮小可能な地図上に、各バス停のアイコンが並んでいるので、

これを選択して乗り場か降り場に設定する流れです。

熊本市の九州産交バスの時刻表

九州産交バスは、熊本市の近郊から各都市まで運行しています。

熊本市内の運行は熊本交通センターの管轄で、熊本城や市役所を中心に各バス停が広がります。

時刻表では熊本交通センターを筆頭に、洗馬橋や日銀前へと繋がります。

時刻表にはこれらのルート、そして到着予定時刻の詳細が表示されます。

時間帯別の運行状況であったり、時間あたりの本数や密度が把握できます。

九州産交バスはバス停の数が多いので、それだけ本数が増加して把握が難しいはずです。

しかし分かりやすく役立つ情報を提供しているのは、流石に熊本を代表するバス会社だといえます。

予定を左右する運行情報も合わせて提供されるので、希望通りに乗り降りできるかという確認も容易です。

産交バスの高速バスについて

産交バスは高速バスも提供しており、ひのくに号の名前で広くしられます。

こちらは通常路線のバスとは違い、熊本福岡間を結ぶ高速バス路線となっています。

正確には熊本と博多天神や福岡空港間で、それぞれ行き来したり便利に利用できます。

時刻表は通常路線と同様に、各運行区間別で詳細に提供されます。

平日と土日祝日の運行表に分かれているので、表示は速く印刷して利用するのも便利です。

各乗り場を確認するのも容易ですし、ICカードの対応情報も提供済みです。

ひのくに号は基本的に予約は不要で、各区間を所要時間約2時間30分程度で結びます。

定員37名でトイレが完備されており、毛布の提供も行われるのが産交バスにおける魅力です。

産交バスの定期代・運賃について

産交バスの定期代は、利用者や割引の提供によって違います。

一般的な乗り継ぎ定期券については、1ヶ月前に申し込むことができて、お得に利用できるようになっています。

具体的な金額の算出には計算が必要で、1ヶ月や3ヶ月券によっても異なります。

1ヶ月の場合は区間運賃に60を掛け、1から割引率を引いた数字を掛けます。

3ヶ月であれば更に3を掛けて、95%の数字を求めれば最終的な金額が表れます。

5%お得になる計算なので、毎日産交バスを利用する場合に魅力的です。

逆に定期代の算出にも関わる通常運賃は、時刻表の検索結果で確認することが可能です。

各駅間の料金が分かりますし、1ヶ月や3ヶ月利用する場合の金額の割り出しにも役立ちます。

スポンサードリンク