Travel-Blog

三重交通バスの時刻表・路線図・運賃などについて

三重交通バスについて


目次 よく読まれる記事一覧
1,時刻表
2,路線図
3,運賃
4,高速バス
5,三重交通バスで使えるICカード

それでは順番に紹介していきます。
最初は三重交通バスの時刻表について

スポンサードリンク



三重交通バスの時刻表

三重交通バスの公式ホームページの画面左上の

路線バス時刻運賃検索」から複数の方法が利用できますが、

ひとつは出発地と目的地の欄にフリーワードで停留所名を入力する方法です。

路線バス|三重交通ホームページ
http://www.sanco.co.jp/shuttle/

上記URLのページ真ん中あたりにある「時刻・運賃検索」のボタンをクリックしてください。

時刻・運賃検索」の画面に切り替わります。



「路線図から停留所名を選択」を利用する場合は別ウィンドウに地図が現れるので

出発地と目的地を選択してから決定をクリックすると

「時刻・運賃検索」の画面に切り替わります。

ここからは上記のどちらも共通で

「目的地の停留所へ行く出発地の停留所の時刻表を始発から全て表示」

または「出発地・目的地の停留所発時刻・着時刻を表示」

をクリックすれば時刻表が表示されます。

スポンサードリンク



三重交通バスの路線図について

三重交通バスの路線図を調べるには公式ホームページの画面左上の

「路線バス時刻運賃検索」にある「路線図から停留所名を選択」をクリックします。

三重交通|公式ホームページ
http://www.sanco.co.jp/


路線バス|三重交通ホームページ
http://www.sanco.co.jp/shuttle/


まずは広域図が表示されますが、検索したいエリアを選択してから

左側のバーで拡大すると停留所や路線が分かる詳細な地図が現れます。

また、地図の画面の右上の「停留所名から選択」をクリックすれば50音順のリストが表示されるので、

例えば「四日市」の文字列を含んだ名称であれば「よ」を選択してからスクロールさせて

該当する停留所を見つけてクリックすれば周辺の地図に移動します。


地図の画面の右上にある「プリント」をクリックした後で「決定」をクリックすれば

現在表示されている地図をプリントアウトする事も可能です。


三重交通バスの運賃について

三重交通バスの運賃を調べるには

前述の時刻表や路線図を検索する手順と同様です。

●公式ホームページの画面左上のメニューから出発地停留所と目的地停留所にフリーワードを入力して検索をクリック。

●ウインドウに表示された候補のリストから該当するを選択する。

●「路線図から停留所名を検索」をクリックすると表示される地図から停留所を選択して決定をクリック。


時刻表や路線図を調べる手順に至るまで全く同じ方法です。



最後の画面に切り替わってからの操作に違いがあり、

ここでは「普通片道運賃を表示」をクリックすればリストが表示されます。

右上の「迂回・休止」をクリックすれば万が一の悪天候による休止や、

イベントなどの交通規制による迂回運転がある場合に事前に調べられるので便利です。


三重交通バスの高速バスについて

三重交通バスの高速バスはゆったりとした3列構成

全席リクライニングシートを備えた安心安全の快適な旅を提供しています。


公式ホームページにある「高速バス検索」では「行先・出発地域から探す」から目的の路線を探し出せるのも便利です。

インターネット予約を受け付けており、決済方法は窓口で直接現金で支払う方法の他に

クレジットカード決済やコンビニエンスストア決済にも対応しています。


発券方法も窓口で直接手渡ししてもらう他に

コンビニエンスストアの端末を操作し会計時にレジで受け取る方法もあります。


自宅近くにに三重交通の直営の窓口が無い方やオープン時間に足を運べない方でも

お近くのコンビニエンスストアで手続きを完了できるのも便利です。


三重交通バスで使えるICカード

三重交通バスで使えるICカードは、

三重交通ICカードシステムのemicaとPiTaPaがあります。

emicaは1ヶ月の利用が2000円以上でポイントが貯まりますが、

たくさん利用するほどポイント還元率が上昇し、2000円から2999円の利用で5%の100から149ポイント、

20000円の利用で12%の2400ポイントも貯まる大変お得なシステムです。


また1枚のemicaを利用して60分以内に乗り継いだ時に

2乗車目の運賃が大人料金の場合80円割引される乗り継ぎ割引があるのも嬉しいところです。

三重交通バスを利用するなら、

使えば使うほどポイントがどんどん貯まるemicaで運賃の支払いをするのがお得です。

スポンサードリンク